B氏 66歳

2015-11-18

私は感染症から敗血症、多臓器不全となり生死をさまよいながら、2か月間の寝たきり入院、その後リハビリ病院に転院、3か月の入院生活で杖を使って歩ける迄になりました。

退院後、数件のデイサービス体験の中、食事、入浴など余計なものが無く、リハビリに特化した「リハの実」にお世話になることにしました。

最初の個別リハにおいては、腰痛のためベッドに横になることすら苦痛で、この先どうなるのか想像もできませんでした。

しかし、個別リハを受ける度にだんだんと痛みが弱くなり、2か月もしないうちに、あれほど痛くて座って眠る方が楽に感じていたのに、痛みが無くなり、「リハの実」に通うのが楽しくなりました。

今では、手術を考えた腰痛の苦しみが嘘のようで、痛みのない生活がいかに幸せなのか実感しています。

これからも週2回の「リハの実」で、先生及びスタッフの方々の協力を得て有意義な時間を過ごし、歩行時の安定、腕の上下運動など新たな目標に向かいながら笑って生活できるよう願っています。

s-IMGP4325

Copyright(c) 2014 http://reeha-pt.com All Rights Reserved.